創業40年、お喜びの声18,000件以上の実績!
パワーストーン専門店ヒラオカ宝石

新月・満月特集

満月

新月

約29.5日の周期で繰り返される月の満ち欠け。

古来より満月や新月といった月の変化を意識して、人々は生活を営んできました。
予定や行動計画を月の満ち欠けを参考にして決定する場合も多くあります。

この月とパワーストーンも実は少なからず関係があり、月の満ち欠けを参考にし、
願いを込めたり、浄化を行ったりする人が増えています。

新月は、新しい計画や行動を始めるのに良い日といわれており、
新月のタイミングでパワーストーンに願いを込めて、使い始める人もいるようです。

満月は、浄化を行う日として人気です。
この日は、ハッピーな気持ちでパワーストーンと共に自分自身も浄化して、
リフレッシュさせてはいかがでしょうか。

新月と満月カレンダー

2019年12月

1
2
一粒万倍日
3
一粒万倍日 大安
4
5
上弦
6
7
寅の日
8
9
大安
10
巳の日
11
12
満月
13
14
15
大安 大願成就日
16
一粒万倍日
17
一粒万倍日
18
19
寅の日 下弦
20
21
大安
22
巳の日
23
24
25
26
新月
27
大願成就日
28
一粒万倍日
29
一粒万倍日 福の日
30
31
寅の日 大安
       

新月

満月

願いを込めるのに最適な【新月】

新月は、《 NEW MOON(ニュームーン) 》と呼ばれ、

今までの流れを一度リセットして、新たなスタートを迎えるタイミングとして、新しい計画や行動を始めるのに良い日であると共に、

このタイミングで何か新しいことを始めると、その始めた事が30年続くとされ、さらに、新月の時に込めた願い事は、叶いやすい、とも言われています。

願い事を紙に書き出して、思いを込める方法もありますが、目標や夢を実現することができた自分を具体的にイメージしながら、

願いを込めて新月からパワーストーンを使い始める人も多くいらっしゃいます。

すでにご愛用のパワーストーンも新月のタイミングで、それぞれの石の意味を改めて前向きに心に意識づけるようにしてもよろしいかもしれません。

また、願いを込める際に、 叶えたい願いの意味のパワーストーンを入れておくと、その願いがさらにパワーアップする、ともいわれている

【 ジオード 】を併せて使用する人も増えています。

新月のタイミングでは、下記のようなアクションを行ってみてはいかがでしょうか。

  • 新しいパワーストーンに願いを込めて使用し始める。
  • 愛用のパワーストーンに願いを再び込める。
  • 新たな目標に向かってスタートする。
  • 新しい仕事やプロジェクト、商売を始める。
  • 欲しかった物を購入し、使い始める。

浄化に最適な【満月】

全面が輝いてまるく見える満月
《 full moon(フルムーン) 》

古代より、月には不思議な力が宿るといわれています。

その月の明るさが最大となる満月は特に、月の光のエネルギーも強力でフルの状態です。

この満月のタイミングは、浄化を行う日としても最適とされ、愛用のパワーストーンや、日々の浄化に使用している

【 さざれ石 】→商品ページへ

【 水晶クラスター 】→商品ページへ

も、窓際に10〜15分程度置いて、月光浴による浄化を行ってみてはいかがでしょうか。

強く神秘的な月の光を浴びて、石に溜まってしまったマイナスのエネルギーを取り除き、パワーの回復と向上につなげるように行ってください。

また、パワーストーンを浄化する際には、ご自身のネガティブやマイナスの気持ちも合わせてリセットするように心がけるようにしてください。

( 「パワーストーンも浄化したから、大丈夫!」 というようにイメージしていただき、翌日から再びご愛用ください。)

満月のタイミングでは、下記のようなアクションを行ってみてはいかがでしょうか。

  • 愛用のパワーストーンの月光浴による浄化を行う。
  • 浄化用さざれ石や水晶クラスターも月光浴の浄化を行う。
  • マイナスの気持ちや思いを自分自身でリセットさせるようイメージする。
  • 新月のタイミングで込めた願いを見直してみる。
  • 使わない物、必要でない物を手放す。