創業40年、お喜びの声18,000件以上の実績!
パワーストーン専門店ヒラオカ宝石

パワーストーンの選び方

様々な色や形、古くから伝わる言い伝えや意味を持つパワーストーン。

ファッションアイテムとして持つのもよし、願いを込めたお守りとして持つ方も多く、最近はたくさんのパワーストーンが紹介されています。

そんなパワーストーンをどのように選んだらよいか、パワーストーン取り扱い20年以上、宝石店経営のスペシャリストがまとめました。

パワーストーン
パワーストーンの選び方
平岡店長
ヒラオカ宝石 平岡店長

こんにちは!ヒラオカ宝石店長 平岡伸昭です。

パワーストーンの取り扱い150種類以上、20年以上携わってきた実績があります。

既製品は取り扱わず、お客様にあったパワーストーンを一つずつ選択して作り上げるオリジナルブレスレットを5000個以上提供してきました。

あなたにぴったりのパワーストーン選びの方をご紹介します!

名前から選ぶ

何百種類というパワーストーンの中には、自分が好きな石や知っている石の名前があると思います。

まずはその石の意味や効果を調べて見ませんか?

あなたと良きパワーストーンのすてきな出会いを願って。

色から選ぶ

色彩には、パワーストーンと同じようにそれぞれに意味や力を持っているとされ、ご自身が求める色を選ぶと良いでしょう。

  • 白は心を浄化し、直観力を高める。
  • 黒は意志の強さと集中力を高める。
  • 赤はあらゆる情熱をもたらす。
  • オレンジは自信と活力をもたらす。
  • 青は知性、正義、真理を象徴する。
  • 紫はひらめき、智恵、悟りなど授ける。

など、様々な意味を持ち合わせていますので、 あなたが好きな色や、気持ちが落ち着く色など、自分に合うピッタリの石を見つけましょう。

誕生石から選ぶ

誕生石は、その名のごとく「生まれ月」の守護石です。

誕生石を身に着けることで『幸運を呼び込む。』と言われています。

意味を重視して誕生石を象徴するパワーストーンを身に着けてはいかがでしょうか。

願いから選ぶ

石たちは、それぞれ固有の力を持つと考えられています。

願い事は決まっているけど、どの石を持てばいいか悩んだら、
今の自分にピッタリ合うカテゴリー(運勢)を選びます。

カテゴリーが決まったら、今度は石をひとつひとつ見て下さい。

あなたが『心を魅かれた!』と思える石が、現在必要としているパワーストーンですので、その石を選んではいかがでしょうか。

目的から選ぶ

「願い」が決まったら、次はその願いの具体的な目的を決めましょう。

ここで注意したい点は、
意味だけに頼らず、石の見た目や直感を合わせてみるようにすることです。

石には、言葉で表現できていないエネルギーがある場合があります。
目的や願いに当てはまる石を持つことで、運気アップの後押しが期待できそうです。

  • 幸運
    • 幸せ
    • ツキを招く
  • 金運
    • 給料・報酬
    • 節約・貯金
    • 投資・ギャンブル
    • くじ
  • 恋愛
    • 出会い・縁結び
    • 両思い
    • 良縁・結婚
    • 復縁・復活愛
  • 仕事
    • プロジェクト成功
    • 出世・昇進
    • 事業繁栄
    • 商売繁盛
  • 能力・スキル
    • スポーツ・運動
    • 資格
    • 技術・スキル
    • 魅力・センス
  • 学業・進路
    • 勉強
    • 合格祈願
    • 就職・転職
  • 人間関係
    • 友達関係・いじめ
    • 親戚・近所付き合い
    • ママ友
    • 夫婦・家庭円満
    • 縁切り
  • 癒し
    • リラックス
    • コンプレックス
    • 失恋
    • リフレッシュ
    • 故人を偲ぶ
  • お守り
    • 災い、トラブル回避
    • 健康維持
    • 厄よけ
    • 星除け
    • 子宝・安産
  • 勝負・成功
    • 試合・競技
    • 他人との競争
    • チャンスを逃さない
    • ステージアップ
    • 夢への挑戦

持ち方や身に着け方から選ぶ

パワーストーンの持ち方、身につけ方には、 主に「身に着ける」「部屋に置く」「持ち運ぶ」の3通りです。

例えばブレスレットなら、石の力を取り込みたいときは左手、 石のパワーと自分の力を外に向けて発揮したいときには右手が良いという説があります。

学校やお仕事の関係でブレスレットが身に着けれない場合には、 バッグやポケットなどに入れて持ち歩いても大丈夫です。

シチュエーションや気分に合わせ、〈安心感・心地良さ〉を重要な指針として身につけましょう。

パワーストーンの選び方について、よくある質問をまとめました

平岡店長
Q.

どれを選べば良いのか分かりません。

A.

パワーストーンとは身に着ける人の願いや思いをサポートしてくれるお守りですので、パワーストーンをご自身のパートナーとして、気に入っていただき前向きな気持ちでご愛用いただくことが、大切です。

「身につけたい。」と思わないパワーストーンを持っても意味がありませんので、石の意味・お好みの色などから心魅かれたものをお選びください。

Q.

直感でビビッときたものを選びました。こんな直感で選ぶ方法でも大丈夫ですよね?

A.

はい、 直感でビビッときた石は 今、ご自身が必要と感じている石ですので、 直感で心魅かれたパワーストーンを選んで もちろん大丈夫です。

Q.

パワーストーンは大きいほうが良いのですか?

A.

大きさによる石が持つ意味に違いはありませんので、ご安心ください。
お好みのサイズを選んで大丈夫です。

Q.

1本のブレスレットに1種類の石だけを使用するのと複数個使用するのでは、どちらが良いでしょうか?

A.

石の個数が多くなることでその石が持つ意味をさらに強めることとなりますが、ご自身の願いに当てはまる意味の石が複数ある場合、組合せて大丈夫です。

Q.

複数持っても石同士はケンカしないの?(重ねづけしてもいいの?)

A.

パワーストーンの重ねづけや複数お持ちになることに関しては、「 石同士がケンカする 」という意見もありますが、意味が異なる石を一緒にお持ちになっても反発し合うことはありませんので、大丈夫です。

逆に「 足りない運気を補う 」と、お考えください。

Q.

ブレスレットは、左右どちらの手につければいいの?

A.

ブレスレットを着ける腕は、左腕に着けると「 内面的なパワーをアップさせ、潜在能力を発揮させる 」と言われ、右腕に着けると「 魅力を引き出し、積極的行動を起こす 」と言われていますが、特に気にしなくても大丈夫です。

仕事の都合などで、着ける腕が決まってしまう場合もありますので着けやすい腕に気軽にお着けください。

それよりも、パワーストーンをお持ちいただく際にはそれぞれの石の意味を前向きに意識づけるようにして身に着けることが重要ですのでぜひ、そのようにしてご愛用ください。

Q.

ブレスレットとストラップ、どちらを選べば良いですか?(どちらの効果が強いですか?)

A.

肌に直接つけることで願いを常に意識づけられるという点からブレスレットを選ぶ人がストラップよりも多くいますが、どちらを選んでも常にそれぞれの石の意味を前向きに意識づけるようにしてご愛用いただければ大丈夫です。

パワーストーンの選び方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

パワーストーンとは、古来より願いをかなえてくれる神秘のパワーがあるとされる石のことです。 

石それぞれに意味や効果があり、そのような石全般をパワーストーンと呼ぶようになりました。 

しかし、石そのものに何もかも可能にするパワーがあるわけでは ありません。

願いに当てはまる石を持つことによって、その人の 意思に応えてくれ、もともと備えている潜在能力を増幅させてく れるもの、それがパワーストーンです。 

ご自身にあった方法でパワーストーンをお選びいただき、よい石に巡り合えますよう、少しでもお手伝いができれば幸いです。

パワーストーン一覧

パワーストーンブレスレット一覧

パワーストーンストラップ一覧